不動産の売買でのキーポイントは

売却する事情による

不動産の売却を考える事情やスケジュールによって売却の方法が変わってきます。 住み替えの場合、「住宅ローンがまだ残っている」「売却と購入はどっちが先なの?」「売った後の手取りってどのくらい?」などの疑問もあるかと思います。 また、相続物件の場合は「遠隔地の物件だけれど大丈夫?」「相続人がたくさんいるんだけれど……」「税理士さんを紹介してもらうことは出来るの?」など動機や目的によって変わってきます。 住み替えや相続物件の売却を考え始めたら、所有物件がどのくらいの価格で売れるのか、税金や手数料等の費用はどのくらい見込めばいいのか、住宅ローンが残っている場合はどうやって売ったらいいのか等を不動産のプロに相談をしましょう。 さて、不動産を売却するにあたっても経費がかかってきます。 主な経費の例としては、仲介手数料、残債がある場合の抵当権末梢費用、地積を確定させるための測量費などがありますし、リフォームが必要な場合や建物を解体して更地にした方がいい場合はその費用も負担になります。 他にも、住民税、契約書に貼る印紙税、売却に伴う利益にかかってくる所得税などがあり、売買金額から売却にかかる経費や税金を引いた分が手取り額になります。 仲介手数料は、売却が成立した場合にのみ必要となり、取引額に応じた手数料が必要になります。 売却相談をしても契約が成立しなかった場合や売却のキャンセルなどの場合には仲介手数料は発生しません。 測量費用は、隣地との境界を確定させる場合、面積を確定させる場合に必要となってきます。 所得税や住民税は売却に伴う譲渡益が出た場合に必要となり、所有していた期間や居住用財産であるかどうかなどの諸条件によって計算方法が変わってきます。 この詳細については、各不動産や税務署、税理士に確認をしてみるとよいでしょう。 せっかく売却をしても、諸々の経費や税金を予定していなかったために、そのあとの計画が崩れてしまったなんてことのないように、あらかじめ何がどのように必要なのかを知っておくのは大切です。

↑ PAGE TOP