不動産の売買でのキーポイントは

契約が済んだだけでは

物件の売買契約も結び、引き渡しの手前まで準備が整ったところで、各種申請手続きや残代金授受などがあります。 その流れについて少しみていきましょう。 売主と買主、両方にやるべきことがあります。 まずは、登記申請必要書類の確認です。 売主は司法書士に関係書類を渡し申請依頼をし、買主は登記を代行する司法書士に必要書類を渡し、所有移転登記申請を依頼します。 その次に、残代金の授受。 売主は残代金を受け取って領収書を発行し、買主は融資実行金などによって残代金を支払い、売主から領収書を発行してもらいます。 それが済んだら、固定資産税等の清算を行います。 売主は引き渡し日以降は買主負担となるべき金額を日割りで計算、清算金を受け取ります。 買主は引き渡し日からの金額を日割りで計算して清算金を支払います。 関係書類も授受が必要です。 売主は、パンフレットや管理規約、付帯設備の方証書、取扱説明書、建築確認通知書等を買主に渡し、買主はそれらを受け取ります。 そして、一番大切な物件の鍵の受け渡しをしなければなりません。 お互いに、鍵を受け渡しした確認として「売買物件引き渡し完了確認証」に署名と捺印をします。 最後に、残っている仲介手数料等の諸費用を支払います。 各種の調節については、依頼した不動産会社の営業担当者が案内をしてくれます。 これが済んだらようやく引き渡しになりますが、売主はこの残代金授受を行う前に、最後にもう一度よく、引き渡しをしても大丈夫か最終確認をしましょう。 万が一、契約時と状況が違っていたとしても、この確認をすることで事前にトラブルを防ぐことが出来ます。 現地では、「雨漏りやシロアリの害がないかどうか」、「付帯設備は設備表どおりになっているか」、「給水、ガスの配管状況に問題がないかどうか」、「境界標の確認」をチェックしていきましょう。 こういった部分で「話と違う」とトラブルになりやすいですので、売主の目で最後にきちんと確認を行いましょう。

↑ PAGE TOP