不動産の売買でのキーポイントは

書類の大切さを実感!

家を売ると決めたら、色々と準備をしていかないといけません。 お金、書類、引っ越し先……準備しないといけないものはたくさんあります。 特に、必要な書類は多く、契約の段階になってあれがない、これがないということのないようにしなければなりませんし、なにより必要な書類の中には価格等の条件交渉の時に有利になるものもあるので、日頃から住まいに関する書類はまとめて保管しておかなければなりません。 一言で物件と言っても、戸建てだったりマンションだったりするのですが、売却の時に必要な書類というのはほぼ共通しています。 買う側としては聞きたいこと知りたいことは一つ二つではなく、出来る限り多くの正確な情報を希望しています。 もちろん、業者に聞いたり実際にみたりして得る情報もありますが、それだけではわからない情報を必要書類によって入手したいと考えているのです。 ではどんな書類が必要なのでしょうか。 売るためには、本人確認の書類が必要です。 物件が兄弟や親子などの共有名義になっている場合は、共有者全員のものが必要となります。 相続物件の場合、共有者が近くに住んでおらず、書類をそろえるのに時間がかかるというケースもあります。 また、登記上の住所と現住所が異なる場合は発行から3か月以内の住民票や印鑑証明書等も必要となってきます。 その他には、権利書、と言った方が馴染みがあるかとは思いますが、「登記済権利書または登記識別情報」、「固定資産税評価証明書」および「固定資産税納税通知書」、「土地測量図」「境界確認書」、「建築確認済証」および「検査済証」、「建築設計図書」、「工事記録書」、マンションの場合は「管理規約」「使用細則」、「維持費関連の書類(町内会費や管理組合費等)」、「耐震診断報告書」「アスベスト使用調査報告書」等こういったものが必要です。 また、売却する物件に関する書類があればそれも準備しましょう。 物件の構造等を客観的に示すデータがあればそれを。 そういった書類は買主にとっても分りやすく、売主にとっても説明もしやすいので取引がスムーズにいきます。

↑ PAGE TOP